内装・外装

内装工事の知られざる必要性

内装リフォーム

内装工事において、クロスや床の工事は必要です。
ですが、クロスや床の内装工事がなぜ必要なのか、その理由を知っていますか?
その理由が分かったら、内装工事を頼む時には、クロスや床の考え方が変わると思います。

■クロス
クロスとは、壁や天井の仕上げに使う、シート状の建材の事を言います。
布製を布クロス、ビニール製をビニールクロス、そして紙製を紙クロスと言います。
そして、壁や天井にクロスを貼る作業を、クロス張りと言います。
クロスは、簡単に言えば「壁紙」の事を言います。
では、クロスの役割とは何でしょうか?
単なる綺麗に飾るというだけではなく、保温性など、家を守る機能も備わっているのです。
更に、汚れ防止クロスなど機能性に優れたクロスもあり、クロスは快適に生活する為には、なくてはならないのです。

■床
そして、床は建物の内装の中でも重要で、建物の下に位置し、柱や壁と結ばれ、外部と内部を遮断するという役目を担っています。
そして、居住空間の広さを表す時には、床の面積が用いられます。そして、床とは、家具などを支えるという重要な役割となっています。そして、床はその用途に応じて、様々な材料が使われています。
それぞれの役割に合った材料を使うのが、正しいといえます。

 

外壁塗装の必要性:
材質に関わらず外壁の塗装は寿命を延ばす上で重要

外装リフォーム

■外壁の塗装は住宅の壁面の耐久性を上昇させるために重要
外壁を塗装することについてのメリットは住宅の壁の耐久性を上昇させるメリットがあります。主に防水効果や耐熱効果、日光によるタイルの劣化を防ぐ効果などです。住宅の外壁には様々な材質が使われているためその材質にあった塗料を使用して塗装することで家の外壁の寿命を延ばすことが出来ます。

■外壁の寿命を延ばす理由とは?
外壁はどのような状態であれ日光や雨風にさらされることで徐々に劣化していきヒビが入ったりしますとそこから水が浸入して外壁を伝い、家の内部まで水が浸入します。劣化を防ぐことができれば外壁を新しく整備し直したりする必要は無く、塗料を外壁の上に塗布するだけで十分に防水することができるため外壁の表面をコーティングすることが出来ます。外壁を塗装する塗料には防水効果が多いため防水目的で外壁に塗装することが多いです。外壁を塗料でコーティングすることで防水効果のある塗料なら水を弾き、他の機能として日光を吸収する機能があれば塗料が日光を吸収し壁の素材が劣化することを防ぎます。外壁の塗料ですが上記で記したように複数の機能を備えている塗料もあり、防水効果のほかに日光を反射させ外壁を保護する物や外壁が酸化して劣化しないようにする塗料など色々な能力を複数備えている塗料があります。そうした塗料を使用することで家の外壁の耐久性を向上させメンテナンス期間を長くしたり、外壁の修復期間を延ばしたりすることが出来るため外壁を塗装することは重要です。

■外壁を再塗装する必要性
外壁の塗装ですが、塗装した塗料も年数がたつと劣化をしてしまいます。劣化すると塗膜がはがれたり防水効果、酸化から守る効果など本来塗料がもつ能力が一切発揮されなくなり、そうなると再度塗装をしない限りは劣化した状態のままで何の効果も無い塗料のままです。これが外壁の塗装が古くなった際に再塗装をする理由です。再塗装ですが、塗料により寿命があり、再塗装の目安は汚れが目立ってきたり、本来備わっている機能が衰えが見え始めたら再度、塗装する目安になります。一応、塗料には再塗装の期間についての目安などが記されていますが、再塗装の期間はあくまで目安ですので再塗装が早まることもあります。

  • オール電化のことなら

    0120-264-910

    受付時間 平日10:00~18:30

  • 全国10,000件以上の安心施工実績!

    スマート電化や太陽光発電システムの販売から施工、アフターメンテナンスまでを一貫して手がけている会社です。また、LED照明や冷蔵庫、エアコンなどの省エネ家電設置、さらにキッチン、トイレ、バスなど水廻りリフォームまで、住宅設備の販売・施工にも幅広く対応しています。

    相談・出張・無料見積りはコチラ

※無理な営業は致しませんのでご安心下さい。「ご相談のみ」のお電話大歓迎です。「HPを見た」とお電話を下さい!